群発頭痛 予兆 予防

群発頭痛の予兆を知って予防に努めよう

スポンサーリンク

目の奥から後頭部にかけてきりきりと激しい痛みが襲う群発頭痛は、頭痛の中でも厄介な種類の頭痛です。
数週間から、数か月の間に毎日のようにこのような痛みが続くため、この頭痛をもった人は非常に苦しみます。
発生するのが主に夜間の就寝中が多いのも群発頭痛の特徴です。
片頭痛と同じで片側の頭に発生することが多く、痛みの最中には涙が出たり、鼻がつーんとするような感じを併せて受けます。
群発頭痛は目の裏の神経に炎症が起こることによって引き起こされる頭痛のため、頭痛というよりも目の奥の痛みとして感じる人もいるようです。
神経痛と似たような症状ですが、瞬間的にピリッとするという表現であらわされることの多い三叉神経痛と違って、持続時間が1〜2時間と長く、我慢できないひどい痛みがあるのが特徴です。
こんなつらい頭痛に対処するためには、発生する前に起こる予兆をよく知って、必要な予防策をとることが有効です。

スポンサーリンク

まず、群発頭痛の発生の引き金として知られている飲酒を控えることが第一です。
飲酒によって脳血管が膨張するため、痛みが出やすくなるためです。
また、熱い風呂に入ることも同じ理由で控えたほうがいいでしょう。
最近はよく効く点鼻薬が開発され、症状が現れ始めてから服用することで、強い痛みを抑えることができます。
しかし、昼間ならば発症したらすぐに使用することが可能なのですが、この種の頭痛は夜中に頻発するため、眠っているときに起こった場合はなかなか即座に痛みを止めるはできないことになります。
ですから、2〜3日前から起こるもっとかすかな違和感に気づいて、前もって医療機関にかかり、予防的な注射や有効であるといわれる酸素吸入などをおこなうことが必要となってきます。
予兆としては、目の奥がかすかに痛む、鼻の奥が詰まったような感じがするという、群発頭痛時におこる激烈な症状を軽くしたものです。

スポンサーリンク