偏頭痛 薬 強さ

偏頭痛の薬は痛みの強さが酷くなる前に飲む

スポンサーリンク

偏頭痛に処方される薬である「レルパックス」は、脳の血管を収縮させて、偏頭痛による発作を緩和させる薬であり、もっとも処方されるものとなります。
偏頭痛には、レルパックスを含めて、トリプタン系の製剤が処方されます。
 日本で現在処方が認められている、トリプタン系の製剤は、イミグラン・ゾーミッグ・レルパックス・マクサルト・アマージの5つとなっています。
それぞれの即効性や持続時間などを考慮して、個々の患者さんの偏頭痛の症状に合わせて、主治医が処方するようになります。
 トリプタン系の製剤は、非常に効果が高いのですが、薬の値段も高く、1錠900円くらいします。
ただし、保健適用となっていますので3割負担で済み、1錠300円ほどとなります。
また、トリプタン系の製剤は、発作の初期に服用しなければ、効果がないという特徴があります。

スポンサーリンク

 トリプタン系製剤はいずれも、頭痛が始まって、それが片頭痛の痛みであると確信できた時点で、服用することが鉄則となります。
痛みの強さが酷くなってからでは、前述しましたように、効果を期待することはできません。
痛みの強さが酷くなる前のタイミングで飲むためには、ご自分の偏頭痛の症状の特徴を把握しておくようにしましょう。
 トリプタン製剤が処方できない人に対しては、エルゴタミン製剤が処方されます。
エルゴタミン製剤についても、頭痛の発作の初期や、前兆期に服用しなければ効きません。
まれに、手足のしびれやめまいといった副作用の報告がある薬です。
頭痛専門外来で処方されるこれらの薬は、痛みの成り立ちをもとから治めるものであり、一過性の痛みを治める、市販の鎮痛剤とは異なります。
専門医を受診して、処方を受けることによって、頭痛とうまく付き合うことができるようになります。

スポンサーリンク