頭痛 後頭部 右 耳の後ろ

頭痛の症状の中で後頭部や右耳の後ろが痛くなる原因とは何か

スポンサーリンク

頭痛に似た症状として後頭部や右耳の後ろが痛み出す病気があり、これを一般的に後頭神経痛と呼ばれていることが多いです。
特徴として肉体的や精神的に疲れやストレスを感じていると発症することがあり、体がSOSを出している状態でもあります。
主に耳の後ろに症状が出ることが多いため、頭痛ではなく耳の病気と勘違いをしてしまう方も多くなっています。
さらに疲れやストレスが蓄積される以外にも、長時間同じ体勢をすることでも痛みを誘発することがあります。
基本的に頭部や肩に疲れが蓄積されることで発生するため、社会人や家事をすることが多い主婦の発症率が高くなっています。
また社会人にも色んな職種がありますが、基本的に外回りを多くする方はあまり発症しないことが多いです。
特に営業職などはこういった傾向に多く、理由として肩こりをする機会があまりないためです。
逆にデスクワークや事務職の場合においては、机に向かって仕事をする時間が多いので発症率も高くなっています。

スポンサーリンク

 後頭神経痛と呼ばれている現代人に多い病気の特徴として、右耳の後ろに頭痛に似た痛みを感じることが多くなっています。
治療法や対策についてはストレスや疲労を取り除くことが重要なので、体や脳に対し十分な休息を取ることで改善することが多いです。
原因が頭痛とは若干異なっているため、普通に薬を服用しても症状は改善されないことが多いので注意が必要です。
ですがそれでも薬を服用して治すことは可能であり、ビタミン剤を使用するとこういった症状になりにくくなります。
また肩こりが原因となって後頭神経痛を発症させていることも多いので、こういった症状を緩和させることもポイントです。
主にマッサージをすることで改善出来ることが多いので、仕事帰りなどにお店に立ち寄って施術を受けるのも良いです。
さらに近年はマッサージチェアといった商品もあるため、こういった品を購入して使用するのも良い方法となっています。
このように頭痛を解消させるのではなく、肩こりを治していくことで後頭神経痛という病気を改善させていくことが可能となります。

スポンサーリンク