偏頭痛持ち 特徴 性格

偏頭痛持ちの性格の特徴

スポンサーリンク

偏頭痛は、慢性的に起こる頭痛の代表的なものであり、特に女性に多いという特徴があります。
偏頭痛持ちの人は、通常の人よりも敏感な脳の持ち主となります。
神経質な性格だと思われがちであり、うるさい音や強いニオイに敏感に反応し、脳が異常に興奮してしまい、脳の働きが度を越してしまった時に、頭痛という痛みとなって現れてしまうのです。
また、偏頭痛がある人は、気圧の変化や気温の変化、環境の変化などを、敏感に読み取ることができるという特徴があります。
 偏頭痛を持つ人は、繊細な性格で、聡明な人が多いという特徴があります。
何かひとつにずば抜けた才能を示すことが多く、芸術家や作家、芸能界で活躍している人には、偏頭痛持ちが何人も存在しています。
世界的な画家であるゴッホやピカソ、作家の夏目漱石や芥川龍之介なども、偏頭痛持ちであったということは有名な話です。
 スポンサーリンク

 偏頭痛のひどい発作が起こる前には、「閃輝暗点(せんきあんてん)」と呼ばれる、視覚前兆が起こります。
視野にギザギザした稲妻のような閃輝が現われ、これが徐々に拡大していきます。
その後、視覚消失状態となり、やがて頭痛が始まるというのが、閃輝暗点となります。
これは目の異常ではなく、脳内の「後頭葉」と呼ばれる部位が、興奮しすぎて現われる症状となります。
後頭葉とは、いわばスクリーンの役目をしている部分です。
 前述しましたように、作家の芥川龍之介も偏頭痛持ちでした。
そして、「歯車」という短編小説の中で、偏頭痛が起こる前の閃輝暗点の症状について書いており、その視覚前兆を、題名である「歯車」という言葉で表現しています。
そして、閃輝暗点という視覚前兆がある偏頭痛持ちの人ほど、普通の偏頭痛を持っている人よりも、脳の興奮度が高いということができます。

スポンサーリンク