偏頭痛 動くと痛い 原因 対処法

動くと痛い偏頭痛の原因と対処法

スポンサーリンク

偏頭痛は、現代人のほとんどの人が悩まされている頭痛です。
この頭痛は、寝込んでしまうひどい人から、我慢したら日常生活には支障がない人まで様々です。
この頭痛は病気などが原因で起こるものではないので、慢性的になりやすくまた、繰り返し起こることが多くあります。
症状としては、頭の片側、またはまれに両側が動くと痛い場合や、「ズキズキ」や「ガンガン」と脈打つような痛みがあります。
この痛みの頻度は、月に1回〜2回もしくは週に1回〜2回ほどの割合で起こることが多いと言われています。
偏頭痛になる前には必ず「前兆」があることもこの頭痛の特徴でもあります。
目の前が「チカチカ」と光がちらつく視覚異常の症状が前兆として起こります。
これの原因は、目の前の光が集まり大きくなると同時に、視野の一部が暗くなり見えにくくなることで起こり、5分から40分後ほどで視野は元に戻ります。

スポンサーリンク

偏頭痛の原因は、脳内の血管がなんらかの原因で拡張し、頭痛を引き起こすと言われています。
血管が拡張することにより、その周囲を取り巻く脳の神経の中でも一番大きい「三叉神経」が圧迫され刺激を受けます。
その結果、痛みを引き起こす「炎症物質」が放出され、血管の周りに炎症を起こしてしまいます。
この炎症が神経を刺激することによって痛みを感じるのです。
治療法としては、直ぐに痛みをどうにかしたい場合は、薬局で売られている市販薬でも効果はあります。
そのほかでは、痛みがある部分や血管が通る首の後ろなどを「冷やす」のも効果が期待できます。
なぜならば、冷やすことにより血管の拡張を抑え、痛みを和らげることができるからです。
次に対処法ですが、前兆があった後に頭痛を抑える薬を飲むと良いと言われています。
そして、痛みが治まる頃に暗く静かな部屋へ移動し、できるだけ安静にする必要があります。
運動、外出も控えてしばらく動かないでいると、症状が緩和されていきます。
動くと痛い偏頭痛は、過度のストレスや過労によっても起こりやすいため、これらから解放する時間を作ることも大切になります。
そして、一番の対処法としては「規則正しい生活」を送ることです。
寝過ぎや寝不足、空腹でも発症するので、生活のリズムを崩さず、栄養バランスの良い食事をとることが重要になります。

スポンサーリンク