アレグラ 頭痛薬 飲み合わせ

アレグラと頭痛薬の飲み合わせに注意

スポンサーリンク

アレグラはアレルギー症状を抑える薬です。
アレルギーの症状にはヒスタミンという体内物質が関係しており、その働きを抑えることでアレルギー症状を抑える働きがあります。
花粉症だけではなく、じんましんや皮膚炎からくる皮膚のかゆみにも効果があります。
従来のアレルギー薬には眠気という副作用がよく見られましたが、この薬は眠気の副作用がかなり低く抑えられているのが特徴です。
比較的速効性もあり、持続時間も長いため、使いやすい薬といえますが、他の薬との飲み合わせには注意が必要です。
風邪薬と一緒に服用すると、成分が似通っているため副作用が強く出ることがあり、またある種の頭痛薬との飲み合わせでは、アレグラの効果が弱まることがあります。
それは、頭痛薬の中に含まれている成分に抗ヒスタミンの作用を弱める働きがあるためです。

スポンサーリンク

注意したい成分は、炭酸水素ナトリウム、酸化マグネシウム、合成ヒドロタルサイト、水酸化アルミニウム、水酸化マグネシウムなどです。
こういった成分が含まれているかどうかはパッケージを見ればわかるので、気を付けて見るようにしましょう。
こういった成分が含まれていないことが判明している市販薬も少なくはないので、あらかじめ調べておいて把握しておくといいかもしれません。
もし、市販薬ではなく医師の処方による薬を服用する必要がある場合は、アレグラを服用していること、どのような理由で服用しているのかということを医師や薬剤師に伝えるようにしましょう。
場合によっては重篤な副作用がでることもあるため、自己判断はしないようにするほうが安全です。
また、個々人の体質によっても変わってくるため、市販薬であっても心配なら薬剤師に相談することをおすすめします。

スポンサーリンク