群発頭痛 食べ物

群発頭痛に効く食べ物

スポンサーリンク

群発頭痛という頭痛を聞いたことがありますか。
群発頭痛とは、ある期間に集中して頭痛が起こるという症状です。
たとえば、春先や秋口などの季節の変わり目に発症し、一度痛みが現れると毎日のように痛みの症状が出てきます。
痛みは、たいていは1〜2か月ほど続きます。
特徴として、「目がえぐられるような痛み」「きりで刺されるような痛み」と表現されるように、耐えられないほどの痛みです。
あまりの痛みにじっとしていることができず、ひどくなると痛みのあまり壁に頭を打ち付ける人もいます。
また、必ず頭の片側だけが痛みます。
そして、目の奥や周辺にあらわれ、上あごあたりや頭の片側へと広がります。
1回の痛みの時間は15分程度とされています。
そして、不思議なことに毎日同じような時間帯に痛みが出てきます。
そして、目や充血や涙、鼻水を伴なうことがあります。
誘因としては、アルコールが挙げられます。
飲酒後40分から1時間ほどたった頃に発作が現れやすくなっています。

スポンサーリンク

この群発頭痛を今回は食べ物で改善していく方法を紹介していきます。
ずばり、マグネシウムを多く含む商品です。
ヒジキやしらす干し、ゴマやアーモンドなどが挙げられます。
どれも、手軽に摂取できるお手軽な食品です。
なぜ、マグネシウムがいいのかというと、マグネシウムには、血小板が凝集するのを防ぐ働きや、血管の収縮を抑えたりする働きがあります。
それが、頭痛を防いでくれるのです。
実は、頭痛がある人の、30〜50%の人はマグネシウム不足だとされています。
また、マグネシウムが足りないと、頭痛だけではなくて、めまい、筋肉のけいれん、ストレスがたまりやすい、疲れやすい、足がつりやすくなる、といった症状も出ます。
それに、血管も痙攣しやすくなるため、痛みに敏感になり頭痛の原因にもなるとされています。
逆に避けておいた方が良いとされる食品として、チーズ、ワイン、チョコレート、ピクルスなどが挙げられます。
今日から少しずつ食事に気を付けながら生活を送るようにしてみましょう。

スポンサーリンク